Young Jean Lee's Alright Means and Horrible Ends

Young Jean Lee's Alright Means and Horrible Ends

ダウンロード [pdf/960.4 KB]
日時
2015年5月27日(水)16:50−18:20
場所
東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム2
講演者
Professor Karen Shimakawa (Tisch School of The Arts, New York University)
使用言語
英語
備考
入場無料・事前登録不要
主催
東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」教育プロジェクト5「多文化共生と想像力」

プロジェクト5「多文化共生と想像力」では、"Critiquing Diversity"講演会シリーズの一環として、ニューヨーク大学芸術学部のカレン・シマカワ准教授をお招きしまして、講演会を開催いたします。ニューヨークを拠点に活躍するYoung Jean Lee氏の作品を具体的に取り上げながら、「多文化共生」について、学生たちとの活発な議論ができる場にして頂く予定ですので、ふるってご参加ください。

講演要旨
This talk discusses several recent works by New York-based playwright Young Jean Lee: "Songs of The Dragons Flying To Heaven" (2006), "The Shipment" (2009), and "We're Gonna Die" (2011). Lee's plays take up extremely uncomfortable topics -- racism, self-loathing, betrayal, death -- but rather than work towards tragic catharsis or reconciliation, Young asks audiences to wrestle with their desire for either of those outcomes, and invites them to sustain their discomfort instead. Exploiting the particular characteristics of live performance, Young's performances create spaces in which audiences might gain new insight into how we might be able to gain a better, more critical appreciation of difference -- an alternative to popular mainstream versions of "diversity" that simplify or erase historical, material differences and the political inequalities they produce.

※注意
  • プログラム生には、参加後、報告書を提出していただきます。
  • 写真・映像・音声等を記録することとその記録されたものをプログラム活動で使用する可能性があることをご了承いただいた上でご参加ください。