在籍/修了

在籍

入学年度

2018-04

研究科

学際情報学府

専攻

学際情報学専攻

コース・系等

文化・人間学情報コース

研究課題

外国語学習において学習者の情意に好影響を及ぼす異文化間のCSCLカリキュラム開発

参加動機・キャリア構想

私の研究課題は、多文化共生と深くつながっているのではないかと考えている。それは、背景に、「日本・世界」の間、そして「地方・都市部」の間の、隔たりや格差、という問題意識があるためである。個人的に、多文化共生や統合人間学のひとつのゴールは、いろいろな「文化」(ある国のcultureに限定しない広義の文化)間の隔たりや格差をなくし、そこに起こるひずみや摩擦を軽減することで、出来るだけ多くの人々が自分らしく幸せな人生を送ることだと考えている。私は、「教育」にその解決法を見出し、取り組みたいと考えており、多文化共生・統合人間学プログラムと、根本的な部分で問題意識や考え方を共有していると思ったため、履修を希望した。

ステータス

修士1年