プログラムカルテ

ihs_140113c_003.jpg

プログラムカルテとは、本プログラムに参加した学生、個々の学修を支援するためのツールである。入学時に設定した目標が果たして達成されているか、外国語の修得は進んでいるか、留学やインターンとして何を計画しているか、本プログラムが要請しようとしている4つの力 (洞察力、統合力、創造力、協働力)が果たして備わっているか等々をチェックするもので、学生と教員、国際メンターの間で情報を共有しながら、5年間の学修を進めるために利用される。プログラム生は日本語と英語で報告をすることが求められ、教員や国際メンターは必要に応じて所見を記し、これを5年間、継続していく。

キャンパスや専攻、国を跨いだ教員がプログラム生をサポートするために開発されたプログラムカルテは、オーダーメイドの教育をめざす本プログラムにとって重要な教育ツールとなっている。