プロジェクト5 2016年度 “Critiquing Diversity” 講演会シリーズ クラウディオ・ミンカ先生講演会 “The Geographies of the Sharing Economy” のお知らせ

クラウディオ・ミンカ先生講演会 “The Geographies of the Sharing Economy” のお知らせ
日時
2016年11月29日(火)19:00 - 20:30
場所
東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム3
講演者
  • クラウディオ・ミンカ Claudio MINCA(ワーヘニンゲン大学文化地理学研究グループ長教授)
  • マーチ・ロエロフセン Maartje ROELOFSEN(カール・フランツェンス大学グラーツ博士課程)
使用言語
英語
備考
入場無料・事前登録不要
主催
東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」教育プロジェクト5「多文化共生と想像力」
ダウンロード [pdf/2.1 MB]

プロジェクト5「多文化共生と想像力」では、11月29日に2016年度"Critiquing Diversity"講演会シリーズの第一回といたしまして、ワーヘニンゲン大学文化地理学研究グループ長教授クラウディオ・ミンカ先生とグラーツ大学博士課程のマーチ・ロエロフセン氏をお招きし、講演会を開催いたします。目覚ましい成長を続けているAirbnb(エアビーアンドビー)やCouchsurfingなどのコミュニティー・マーケットプレイスを事例に、観光やホスピタリティ産業、シェアリング・エコノミーの可能性について、地理学的観点からお話いただきます。著名な人文地理学者であるミンカ先生と交流いただける絶好の機会ですので、皆様の積極的な参加をお待ちしています。

講演要旨

With the rise of hospitality exchange networks such as Airbnb and Couchsurfing the ways in which people travel and connect with "other" cultures has significantly changed. These networks have turned residential accommodation, the private sphere, and 'the labour of care' into commodities, which are exchanged between individuals without interference of commercial tourism entities. The networks operate myriads of digital technologies not only to help people connect, but also to quantify and qualify the meaning and the value of these exchanges. In effect, they have come play an important role in determining who is in and out of the sharing economy. In this lecture we discuss the consequences these technologies have for the ways in which people and places are drawn into a "sharing" geography, and what "values" they come to have in this new economy. What does it mean to share a home and the intimacies of one's private life? What are the travel philosophies and business objectives that underlie these networks and what will they mean for how places are understood in the future? In this lecture we explore some of these questions, drawing on our findings, which we derived from an extensive ethnography and interviews, and our own experiences as both hosts and guests in these networks.

※注意

  • プログラム生には、参加後、報告書を提出していただきます。
  • 写真・映像・音声等を記録することとその記録されたものをプログラム活動で使用する可能性があることをご了承いただいた上でご参加ください。