Creating “Japan in Honolulu” Program
 多文化理解プログラム開発のためのハワイ研修

日時
3月27日(月)〜3月31日(金)
場所
米国・ハワイ
主催
東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)」教育プロジェクト4「多文化共生社会をプロデュースする」

多文化理解のために私たちができること/すべきことはたくさんありますが、そのうちの一つに、若い世代を対象に教育・研究プログラムを作り、参加者の意識の覚醒を図るということがあります。多くの場合、教育現場に入って初めて研究・教育プログラムを作ることが求められることになりますが、事前のOJTが重要なことは言うまでもありません。  

本研修は、実際に多文化理解プログラムを作るためのヒントを得るためのもので、実際には、ハワイ大学と共同でこうしたプログラムを作る具体的な方策を考えます。ハワイ大学の担当者との討論や、実際の視察を通じ、本学学部生(及びハワイ大学からの参加者)を対象にした場合、どのようなプログラムが作れるか(具体的にはホノルルで「日本」がどのような意味をもっているかを理解するプログラムを、どのように作れるか)を経験してもらうことになります。  

研修参加者は、来年度開講される「多文化共生・統合人間学実験実習Ⅳ」科目の「アカデミック・マネジメント」で、実際のプログラムの作り込みと学生の引率・指導を担当してもらうことになります。ですので、来年の2月・3月に本プログラムに在籍していない学生は、本研修の応募対象とはなりません。  

プログラムの実施にあたっては、十分な語学力(日本語と英語)が必要となりますが、多くの意欲ある方の応募を期待します。

募集人数

4名

応募時期

1月20日(金)〜2月12日(日)

応募書類

  • A4サイズ1枚で、具体的にどのようなプログラムを作ろうとしているのか、今回の研修で何をしたいかを説明した文書を、Project 4のオフィス(project4@ihs.c.u-tokyo.ac.jp)に提出すること。
  • メールタイトルは「ハワイ研修参加希望」とすること。
  • 英語、日本語、どちらで作成しても構わない。

出張時期

3月27日(月)〜3月31日(金)の3泊5日

応募先

IHS Project 4オフィス(project4[at]ihs.c.u-tokyo.ac.jp

活動内容

ハワイ大学社会科学部教員との討論、プログラム開発のための視察と具体的な提案書作成など

※注意事項

参加者には、東京大学ならびにIHSの規定に則って旅費を支給します。それ以外の個人にかかる経費については各自で負担することになります。
写真・映像・音声等を記録することと、その記録されたものをプログラム広報活動で使用する可能性があることをご了承ください。
参加者は活動終了後に「活動報告書」の提出を求められます。

応募に関する問い合わせ先

プロジェクト4オフィス(project4[at]ihs.c.u-tokyo.ac.jp