在籍/修了

在籍

入学年度

2015-04

研究科

総合文化研究科

専攻

国際社会科学専攻

コース・系等

人間の安全保障プログラム

留学生/社会人

留学生

研究課題

原発政策における市民参加 ―リスク・コミュニケーションの透明性とその評価尺度—

参加動機・キャリア構想

私は中国生まれ日本育ちというバックグランドやオーストラリアでの長期留学の経験により、「多文化共生」が日常生活でも学問領域においても長い間自分のテーマであった。世界で起きている様々なコンフリクトは異なる価値の衝突によって生じており、単一的なアプローチでは解決が不可能である。そのため、私は幅広いフレームワークを使い、他者と協働するスキルを得て国際社会で活躍できる人材となることを目指す。IHSでは様々な領域で「共生」を研究されている教員のもとで、多様なバックグランドを持つ学生と共に学び、言語習得の機会や様々なワークショップ、インターンシップ等を利用し、協働・対話を通した問題解決能力を向上させたい。

キーワード

risk Society, citizen participation, nuclear power plant, global governance, public sphere, transparency, human security, international politics

ステータス

修士1年

ステータス

修士2年

ステータス

博士1年