在籍/修了

在籍

入学年度

2015-04

研究科

総合文化研究科

専攻

広域科学専攻

コース・系等

相関基礎科学系

研究課題

障害学と関連付けた「合理的配慮」の再考

参加動機・キャリア構想

基本的には研究者志望であるが、障害者および健常者が現によき生を送れるよう貢献することが私の将来的なねらいである。その手段として、困難なコンフリクトを解決しうる鍵として様々な知識を提示し続けることを考えている。私はIHSに参加しているのは、こうした将来的展望に向けた理論的・実践的リソースに恵まれているという点による。

キーワード

disability, reasonable accommodation, affirmative action, social model, feminism

ステータス

修士1年

ステータス

修士2年

ステータス

博士1年