在籍/修了

在籍

入学年度

2016-04

研究科

学際情報学府

専攻

学際情報学専攻

コース・系等

社会情報学コース

研究課題

ブロックチェーンをめぐる「期待」の生成とダイナミズムについての科学社会学的研究

参加動機・キャリア構想

 私がIHSに参加した理由は、現実に起こる問題や個別地域における事象に対する眼差しを失うことなく自らの専門を深めることができるためである。IHSのメンターチームには現場の第一線で活躍する実務家が参加しているため、自らの研究が現実社会における問題解決へどのように関係するのかを常に意識しながら研究を進めることが可能である。現実社会や個別地域からのフィードバックを常に意識することで自らの研究を総合的に深められること、ここに私がIHSの履修を希望する強い動機がある。
 博士課程修了後のキャリア構想としては、単に研究職のみならず国際機関や開発銀行、開発コンサルティング企業など学術的研鑽を重ねた専門家が活躍する実務の分野への参入も考えている。

ステータス

修士1年

ステータス

修士2年