在籍/修了

在籍

入学年度

2015-04

研究科

総合文化研究科

専攻

広域科学専攻

コース・系等

生命環境科学系

研究課題

抗体遺伝子座における相同組換えおよび体細胞高頻度突然変異のDNA脱メチル化酵素による制御機構の解析

参加動機・キャリア構想

科学を学ぶ身として専門家と非専門家間にある知識・論理の乖離に関心を抱いていたため、「科学技術と共生社会」をプロジェクトの一つに掲げるIHSの参加を決めました。プログラムにおいては、異分野の学生との討論や現場研修を通じで科学が社会に現れる際の様々な齟齬や摩擦について生の体験をすることで、新たな気づきが得られています。進路は研究職に限らず、科学が人々の「より良い意思決定」の糧になるという軸に基づいて、行政や報道、教育など幅広く選択肢として考えています。

キーワード

epigenetics, immunology, demethylation, immunoglobulin diversification, technology , public philosophy, civil society, policy

ステータス

修士1年

ステータス

修士2年

ステータス

博士1年