在籍/修了

在籍

入学年度

2016-04

研究科

総合文化研究科

専攻

広域科学専攻

コース・系等

生命環境科学系

研究課題

表皮および真皮由来初代細胞を用いた有毛皮膚モデルの構築

参加動機・キャリア構想

将来的に、研究者と教育者を兼ね備えた大学教員という立場から、人工臓器の開発などの研究活動を通して医療分野の発展に寄与し、病気や障害などのハンディキャップを持つ人々であっても、人間らしい豊かな人生を心から楽しんで送ることができる社会の実現に貢献していくとともに、社会の様々な問題に対して自分にしかできない役割を見つけ出し熱を持って取り組むことができる人間を養成することができる環境を作っていきたいという想いを持っている。
IHSでは、まず障害を抱えながら生きる人々の実際の姿を知り、どのようなことが求められているのかを考えることで、自身の目指している研究の意義を確立していきたい。また、これまで学ぶ機会の少なかった、教育・語学・文学・アート・地域の暮らしなどの学問とそれが実社会に生かされる現場に触れることで、多様な価値観を吸収し、それを教育へと還元できるよう人間としての幅を広げたい。

ステータス

修士1年

ステータス

修士2年