在籍/修了

在籍

入学年度

2015-04

研究科

総合文化研究科

専攻

言語情報科学専攻

研究課題

現代日本文学、とくに中上健次作品の分析。

参加動機・キャリア構想

まず、「共生」あるいは「非‐共生」というトピックが、生者/死者や、男性/女性という対立軸をとって中上健次作品に通底していると考えられるため。また他分野の学生との意見交換を通じて、文学的思考からは排斥されるべき領域にまで視野を広げたいと思ったため。

キーワード

Japanese modern literature, Kenji Nakagami

ステータス

修士1年

ステータス

修士2年

ステータス

博士1年